資金調達までに時間がない場合にもおすすめ

実際に給料ファクタリングを実施するに当たってどれくらいの手数料率が相場なのでしょうか。これについては、通常だと「15~20%を提示してくれる業者が優良」だといえます。こうした業者であれば、給料ファクタリングを実施するにしても問題ないといえます。

ただ実際のところ、同じ給料ファクタリング会社を利用するにしても、手数料率が異なることはよくあります。まったくの同一人物が給料買取をしてもらい、同一の業者を利用したとしても手数料が違ってくるのです。

2社間の方が手数料が高くなるのはファクタリング会社が背負うリスクが3社間よりも大きくなるためです。貸し倒れのリスクが発生するため手数料が高くなってしまうのです。その他にも特徴やメリットデメリットがあり、どちらを利用するべきかの参考になると思うのでそれぞれを簡潔に解説していきます。

3社間ファクタリングで、手数料が安く信頼できる優良企業を紹介していこうと思います。基本的にファクタリングを利用する多くの企業が売掛先に通知されない2社間を選択しています。手数料が高くても即資金化も可能のため、急な対応に追われている方は2社間を選択せざるを得ないというのも理由の一つです。

取引で発生した売掛金を債権として売却し、現金化することを「ファクタリング」といいます。通常は、商品やサービスなどを納品・提供した後に、クライアントから売掛金が支払われますが、支払いまでの期間が長いと、資金繰りに困ってしまうことも。そんな時におすすめなのがファクタリングです。

手数料を安く抑えたいのであれば、「3社間」がおすすめです。2社間の場合、債権評価にて減額された差額も含むため、手数料が約10~25%と高め。一方、3社間だと、ファクタリング会社が売掛先から支払われる代金を直接回収するため、約1~5%で済みます。

詳しくはこちら→ファクタリング 手数料 安い