思わぬアイテムで着圧タイツが快適に

日常的に立ちっぱなしでの作業が多かったため慢性的な足のむくみに大変困っていました。
そこで友人にオススメされた着圧タイツグラマラスパッツ
しかし着圧に対しての「キツイ」「暑い」「履きづらい」「脱ぎづらい」などのマイナスイメージが多くなかなか手を出しづらかったです。
そんな着圧タイツに手を出すきっかけになったのは足の甲の血管が見えないくらいむくんでしまい、いよいよ立ちっぱなしが辛くなってきた時でした。
初めて履く着圧タイツは上記で書いた通りのマイナスイメージそのまんまの感想に加え、季節は夏でしたので汗疹や摩擦で皮膚炎になってしまい更にイメージの悪いものになってしまいました。
そこで着圧タイツを勧めてくれた友人に愚痴という名の相談をしたところ意外なアドバイスをもらい、試したところ汗疹も皮膚炎も再発することなく今でも着圧タイツが手放せないアイテムとなりました。
そのアドバイスとはただ履く前にベビーパウダーを使用することのみで簡単な方法でした。ベビーパウダーを使用したことによって汗で蒸れることがないのはもちろん、滑りやすくなっているので履きづらいこともなくなったのでとても快適に。注意点としてはベビーパウダーの量を多く付けすぎると肌色黒色の着圧タイツは目立ってしまうのでどれくらいの量が丁度いいのか慣れるまで時間がかかるかもということぐらいでしょうか。