初心者のスキャルピングは上手くいかない

為替の変動も把握しきれていない状態での短期取引ということになれば、うまく行くはずがありません。どう考えてもそれなりの知識とテクニックが物を言いますから、まだまだ駆け出しの人にはスキャルピングは無理だと思います。
スキャルピングはそこまで高額ではない証拠金の入金で高額な売買ができることが魅力ではありますが、イメージしている通りに値が進めばそれに見合ったリターンを獲得することができますが、その通りに行かなかった場合は一定のマイナスを出すことになるのです。
スキャルピングという手法は、一般的には予見しやすい中長期の世の中の動きなどは度外視し、一か八かの勝負を直観的に、かつ極限までやり続けるというようなものではないでしょうか?
このことから、スキャルピングは上級者向けの手法であり、初心者が手を出すべきではないと考えます。
反面、スイングトレードと呼ばれる、長期目線の手法もあります。
スイングトレードと言われるのは、一日一日のトレンドが影響を及ぼす短期売買と違って、「現在まで為替がどういった値動きをしてきたか?」といった分析が大きく影響するトレード法です。
こちらはテクニカルが効きやすく、変化も予測しやすいため、初心者にもおすすめの手法と言えるのではないでしょうか。
よって、初心者はスキャルピングではなくスイングトレードを行うべきです。