ハコヅメ第一話を見た感想

戸田恵梨香さんのファンなのでハコヅメを見ました。
結構リアルっぽいハコの中の話が出てきたりするので面白かったです。
でも、そんな中、永野芽郁さんの苦労(?)が出て来ていて、第1話は永野芽郁さんのこれからの成長が期待される内容でした。
ハコヅメの感想はネットでも検索されているようで、興味がある人が多いのでしょうね。
交番勤務の事をハコヅメって呼ぶなんて知りませんでした。本当なんですかね?何でもいいから公務員になりたかったから、警察官になったと主人公が言っていたのを聞いて、そういう職業の選択もあるのだなと感心してしまいました。悪い意味で。
もしかしたら、今勤務している警察官の中にも、そういう職業選択をした人がいるのかとい思うとあんまりいい気分はしませんね。
菩薩のようなムロツヨシがまたいい味を出してます。つぎつぎと仕事が舞い込んでくる中で、感謝されることがあまりないというところは、気づかされたところです。確かに交通違反で切符を切られて感謝する人はいないですね。
そんな時に戸田恵梨香がぼそぼそと悪態をついていて、警察官だって人間だからいいじゃん!と言っていたところは好きです。
警察官物のドラマは、刑事が主役で悪い人を捕まえて事件を解決していく話が多いのですが、このドラマはちょっと違う雰囲気が漂っていました。婦人警察官の本音とか、警察署での良く分からないしきたりとか、交番勤務の実情とか、寮での雰囲気とか、新米警察官がどんな風になっていくのか楽しみです。戸田恵梨香も何か隠しているようで気になります。